初めての起業

いきなり株式会社は自殺行為
ある年齢になると、サラリーマンとして雇ってくれなくなるのが現代社会というものです。
じゃ、「個人で」あるいは「会社設立して」と考えるのが普通のことです。
経営者として生きることは、この上ない幸せであり自由です。のびのび生きることができます。
このページは、そうした自由を求める起業家のための指南ページです。
最小の投資で最大の効果を求める
設立には生活費とは別に、設立のためのお金が必要です。手続きだけで30万円、事務所とインターネット環境、パソコンとプリンタとソフトウェアを紹介します。
それと売り掛け買い掛け、継続契約書の知識を勉強しましょう。
ホームページと名刺
会社設立にはホームページが必要です。ホームページを立てるためには、ホストが必要です。
登記せよ
会社設立のための登記
自分以外を信じない
閉鎖と解散、廃業、破産と倒産